p53誘導体dbグルコース全分子フコイダンはなぜ選ばれる?

全分子フコイダンエキスが選ばれる理由

フコイダンの商品は多数ありますが、「p53誘導体dbグルコース全分子フコイダン」が口コミでも話題になり、評判になっている理由は、「p53誘導体dbグルコース全分子フコイダン」の効果が関係しています。

「p53誘導体dbグルコース全分子フコイダン」は、2015年に開催された第74回日本癌学会学術総会において有用性が発表されたガン補完医療の「p53誘導体」を含む唯一のフコイダンエキスだからです。

「全分子フコイダンエキス」とはp53誘導体認証マーク食品のサプリメントを構成する成分で研究を重ね抽出した3つの成分を含んだ製品となります。

 全分子フコイダン
 フランDグルコース
 フコキサンチン

p53誘導体認証マーク食品のサプリメントは、ヒバマタ海藻からごく微量に抽出できる最高水準の全分子フコイダンを主体に、学会発表成分フランDグルコース、さらにフコキサンチンが高濃度に配合された補完サプリメントです。

全分子フコイダンエキスの原材料には、厳寒のカナダの海で鍛え上げられたヒバマタ海藻と、雄大な自然に育まれた沖縄モズクを採用しています。この貴重なヒバマタ海藻と沖縄モズクを、たゆまない研究と検証試験に裏打ちされた確かな製法により抽出しています。

全分子フコイダンエキスは、学会でも有用性が発表されたフランDグルコースを含有する、唯一のフコイダン製品となります。

癌学会でも発表された注目の成分p53誘導体を配合
p53誘導体認証の唯一の製品・全分子フコイダンエキス
公式サイトはコチラ

全分子フコイダンエキスの働き

分子の大きさによって、はたらきが異なりますが「全分子フコイダンエキス」で使用している「p53誘導体dbグルコース全分子フコイダン」は、すべてのサイズが入っているのが特徴です。

 高分子フコイダン
・分子量30万
・唾液や胃液による分解を避け小腸の腸壁に届くことで強い生理活性化刺激を与えます。

 低分子フコイダン
・分子量500〜700
・本来の平均分子量200,000という大きな分子サイズを、独自製法によりフコイダン(多糖類)としての性質を保ちながら平均分子量500から700まで小さくする加工を施したフコイダンです。
・高分子フコイダンに比べ、細胞への吸収を優位にすることでアポトーシス誘導や血管新生抑制など直接的な作用にはたらきます。

 超低分子フコイダン
・分子量500以下
・本来の平均分子量200,000という大きな分子サイズを、独自製法によりフコイダン(多糖類)としての性質を保ちながら、低分子フコイダンよりさらに小さい平均分子量500以下まで小さくする加工を施したフコイダンです。
・高分子フコイダンに比べ、細胞への吸収を優位にすることでアポトーシス誘導や血管新生抑制など直接的な作用にはたらきます。

※ シンゲンメディカル公式サイトより引用

全分子フコイダンエキスの効果

シンゲンメディカルが長年研究を重ねてきた結果、全分子フコイダンエキスには様々な効果があることが分かりました。
全分子フコイダンエキスの主な効果をご紹介します。

 がん細胞正常形態復帰
・紡鐘形に変形したガン化した細胞に対しガン化を抑えて元の正常な扁平形態の細胞に復帰させる作用があり、研究結果でも発表されています。

 血管新生抑制作用
・がん細胞は栄養補給のために新しい血管を作り成長を加速、その血管を通して増殖、転移、再発をしますが、その血管を新しく作ることを抑えます。

 アポトーシス誘導作用
・正常な細胞には影響がなく、自滅することがなく増殖や暴走を続けるがん細胞に対し、フコキサンチンは直接自滅(アポトーシス誘導)するように仕向けるとされています。

 異物抗原提示増強作用
・ガン細胞には身体を異物からまもる免疫機構から巧みに逃れる術がありますが、巧みに逃れられないようにガン細胞に目印を立て、免疫機構に攻撃を発動させます。

 免疫賦活性作用
・高分子フコイダンには、ナチュラルキラー細胞(MK細胞)を活性する作用が明らかになっています。

 抗ガン剤副作用軽減と相乗効果
・抗がん剤はがん細胞を攻撃するだけでなく、無差別に正常な細胞をも攻撃するため、副作用をおこしてしまいます。
ガン細胞にダメージを与える上で健康な細胞までダメージを与えられて苦しんでいる方も多いようです。
フコイダンにはこれら副作用を緩和するという報告が、頻繁に各研究機関や医師よりなされており、2007年日本癌学会の高橋延昭所長による報告で、初めてメカニズムが科学的に明らかになりました。

全分子フコイダンエキスの評判

「p53誘導体dbグルコース全分子フコイダン」が選ばれる理由はわかりましたか?
日本では相変わらずガンで亡くなる方が多く様々な研究が行われています。
研究開発によって医学は進歩しており早期発見、早期治療で亡くなる方の数は減ってきているようです。

「p53誘導体dbグルコース全分子フコイダン」の全分子フコイダンの評判を調べますと
「p53誘導体dbグルコース全分子フコイダン」が注目されているポイントは「アポトーシス」という成分がガンやウイルス感染の抑制の手助けをする、と言う点が注目されマスコミでも多く紹介されました。

一般的には、研究結果によると「アポトーシス」はガン細胞を自滅冴える、という作用がある、という結果もありますが「ガン」の程度、進行具合によって、また、それぞれの体質なども関係するようですから一概には言えませんが評判は良いようです。

「p53誘導体dbグルコース全分子フコイダン」は研究結果によりガンの進行を抑制する、と言われていますが個人差はあると思います。

効果の有無はあるかとは思いますが、ガンで苦しんでいる方、ガン治療で闘っている方の一人でも多くの方の助けになればよいな、と願っています。

フコイダンとフコダイン?

余談になりますが、「フコイダン」のことを、うっかり「フコダイン」といってしまう場合があります。
ネットで検索する際も「フコダイン」と検索する方も多いのですが、正式には「フコイダン」であり、「フコダイン」は存在しません。

お間違えのないよう・・・。
癌学会でも発表された注目の成分p53誘導体を配合
p53誘導体認証の唯一の製品・全分子フコイダンエキス
公式サイトはコチラ